無料のメール相談はこちらから
マップを見る 電話をかける

冨田実アイクリニック銀座のレーシック専門眼科センターは、眼科専門医による完全主治医制のレーシック治療をご提供できます。

※公的医療保険外治療 新しい技術・医療機器を使った治療のため、公的医療保険が適応されません。

冨田実アイクリニック銀座の視力回復手術

視力回復手術は、リスクが低く裸眼生活を手に入れる有効な手段として普及していますが、視力回復手術を受けるにあたっては、眼科専門医とよく相談して、自分の目に適した治療法を選択することが大切です。もちろん、目の状態によってはレーシック手術が適さない人もいますので、そういった方にはフェイキックという選択肢があります。冨田実アイクリニック銀座では、詳細な検査データをもとに、患者様の希望を伺いながら、「どのくらい視力が回復するのか」「どういった手術が適しているのか」「どんなレーザー機器を使用するのか」など患者様目線でご相談させていただき、個々の患者様に適した手術プランをご提案しています。

屈折異常について

人間の眼は、よくカメラに例えられますが、角膜と水晶体がカメラで言うレンズの役割を担い、網膜がフィルムの役割を果たしています。カメラで写真を撮影する時は、レンズを前後に動かしてピントを合わせますが、人間の眼では水晶体が厚みを変化させることでピントを調節して物を見ています。調整をしない状態で網膜にピントが合う状態を正視と言いますが、近視や遠視といった屈折異常があると、網膜の前後で焦点が結ばれてしまいます。また、乱視は焦点が複数存在し、物が歪んで見えたり、二重に見えたりします。一般的に40歳を過ぎた頃から自覚すると言われている老眼は、加齢とともに水晶体が弾力性を失い、ピント調節機能が低下してくることが原因です。

正視

正視とは、水晶体がピント調節をしていない状態で、きちんと網膜に焦点が結ばれる状態をいいます。近くを見る時は水晶体がピント調節することで遠くも近くもハッキリ見ることができます。

近視

近視とは、網膜の手前で焦点が結ばれるため、近くは良く見えるが遠くが見えにくい状態です。近視の度数が強くなるほど、より近くにピントが合い、遠くはより見えづらくなります。

遠視

遠視とは、水晶体がピント調節をしていない状態で、網膜よりも後で焦点が結ばれる状態です。遠くが良く見えると勘違いしていることが多いのですが、実際には近くも遠くも見えづらい目になります。

乱視

乱視とは、焦点が複数存在するため、物が二重、三重に見える状態です。多くは角膜の歪みによって起こりますが、中には水晶体が原因で起こる場合もあります。近視や遠視と合併することもあります。

安心して視力回復手術を受けていただくために

冨田実アイクリニック銀座では、
安全性と正確性を追求した
視力回復手術を提供しています。

  1. 術前診察から手術まで一貫した診療体制でお迎えします。
  2. 患者様の眼の状態に適した手術を提案します。
  3. 新しいテクノロジーが搭載されたレーザー機器を使用します。
  4. 年齢に応じた手術を提案するために老眼治療にも対応しています。
  5. 患者様に必要な治療を提案します。
  6. 手術プランと価格の明瞭化に努めています。
  7. クリーンルームを完備して清潔な空間で手術を行います。

冨田実アイクリニック銀座の視力回復手術は、レーシック手術およびフェイキック手術において指導医のライセンスを取得していいる冨田院長が担当します。医師を指導する立場にある指導医のライセンスを取得するには、手術方法だけではなく、レーザー機器やレンズの性能はもちろん、万が一のトラブルにも対応できる高い知識と技術が求められます。冨田院長はアメリカ眼科学会でレーシックや老眼治療のインストラクターを務めており、世界各国の眼科医たちが読んでいる眼科英文誌の編集委員としても活躍しています。また、世界的な眼科の名門として名高い温州大学医学部眼科および河北医科大学眼科の臨床客員教授を歴任しており、これからの医師の育成にも尽力しています。2014年には、レーシックの安全性の向上に尽力した功績が評価され、2大レーザーメーカーからワールド・ベストサージャンを受賞しています。フェイキック手術においては、全てのレンズで指導医ライセンスを取得していますので、より詳しく手術の相談をしていただくことができます。もちろん、眼科教授でもある冨田院長の執刀であっても、指名料などの別途費用は一切かかりませんので、安心して手術を受けていただけます。

冨田実アイクリニック銀座の視力回復プラン

冨田実アイクリニック銀座では、患者様の眼の状態に適した視力回復手術を提供しています。近視の度数や乱視の有無、角膜の厚みなど、眼の状態は患者様によって千差万別です。また、40歳を過ぎると自覚してくると言われている老眼は、視力を改善すると余計に強く自覚することがありますので、40歳以降の方には老眼を視野に入れた手術プランを提案する必要があります。当院では、眼の状態や患者様の希望に沿った視力回復手術をご提案できるよう充実した手術プランを取り揃えています。

近視・遠視・乱視を改善する「視力回復手術」

  • スタンダード
    LASIK
  • オーダーメード
    LASIK
  • 角膜強化型
    LASIK
  • フェイキック

40歳以上の方にお勧めの「遠近両用視力回復手術」

  • 遠近両用
    LASIK
  • 遠近両用
    フェイキック

その他のトピックス

  • レーザー機器
    紹介
  • 手術までの
    流れ
  • 手術の注意点
  • 視力回復手術
    Q&A

レーシックLASIK

レーシックの安全性

レーシック手術は、世界各国で行われている安全性の確立された視力回復手術です。レーシック手術は、レーザーで角膜のカーブを変えることで、近視・遠視・乱視を改善します。レーシックが日本で行われるようになってから約20年が経過しますが、テクノロジーの進歩によって手術に使用するレーザー機器も飛躍的な進化を遂げており、手術の精度、安全性、正確性も向上しています。日本でも120万人以上がレーシック手術を受けていると言われていますが、これだけ多くの方が手術を受けているにも関わらず、手術によって失明した症例は1件も報告されていないことから、その安全性がご理解いただけると思います。すでに、レーシックを受けた多くの方が、良好な視力を手に入れられ、快適な裸眼生活を送られています。メガネやコンタクトレンズから解放されて、大好きな趣味やスポーツなどを裸眼で楽しむことができるレーシックは、非常に有効な視力回復法のひとつです。

※レーシック手術は、趣味やスポーツを裸眼で楽しむことができるリスクの低い視力回復の選択肢です

冨田実アイクリニック銀座のレーシックプラン

当院では、8次元アイトラッカーと高速クロスリンキングシステムを搭載した「8次元アマリス1050RS」と目に優しい手術を実現した「FEMTO LDV Z8」を導入して安全性に優れたレーシックを提供しています。どちら2014年に発売されたシリーズ最新作で、角膜強化型レーシックにも対応しています。近視や乱視の程度や角膜の厚みに応じて、いくつかの手術プランをご用意していますが、特に安全性に優れているのが、角膜強化型レーシックです。角膜強化型レーシックは、レーシックの安全性を高めるために冨田院 長が考案した新しいレーシック手技で、世界的な眼科学会でもその安全性が報告され、今ではスタンダードなレーシックとして世界中で行われています。日本国内でも「レクスト」や「レーシックエキストラ」といった名称で角膜強化型レーシックが行われています。

※角膜強化型レーシックに使用されるレーザー機器と角膜強化法に使用されるクロスリンキングシステムは施設によって異なります。

  • スタンダード・レーシックプラン

    スタンダード・レーシックは、従来型のレーシックプランです。レーシックでは、角膜を削って視力を回復させるため、角膜強度の低下によって将来的に近視の戻りが発生する可能性があります。そのため、角膜の厚みが充分な方、近視・遠視・乱視が軽度な方に適しています。角膜のカーブを変えるためにエキシマレーザーを照射しますが、手術後に不正乱視が発生するリスクが高くなります。

    • 8次元アマリスZレーシック
      21.8万円(両眼/税抜)
    • 8次元アマリスZ8レーシック
      26.8万円(両眼/税抜)
  • オーダーメード・レーシックプラン

    オーダーメード・レーシックは、ウェーブフロント技術を駆使して、角膜形状を様々な角度から回析し、患者様の角膜形状に合せた手術プランを構築するカスタムレーシックです。特に、近視や乱視が強い方に適した手術プランで、手術後の不正乱視の発生を抑制することが期待できます。見え方の質が高める効果が期待でき、当院では非常に人気の高いレーシックプランです。

    • オーダーメード8次元アマリスZ8レーシック
      31.8万円(両眼/税抜)
  • 角膜強化型・レーシックプラン

    角膜強化型レーシックは、冨田院長が考案した最先端のレーシック手術です。レーシック手術では、角膜を削って視力を矯正しますので、角膜強度が低下します。そのため、角膜の薄くなった部分が徐々に眼圧の影響を受けて近視の戻りや、合併症の原因になることもあります。レーシック手術に角膜強化法(クロスリンキング)を組み合わせた角膜強化型レーシックは、手術によって低下した角膜強度を元に戻すことで、近視の戻りや合併症の発生を予防することができます。

    • 8次元角膜強化型Zレーシック
      27.8万円(両眼/税抜)
    • 8次元角膜強化型Z8レーシック
      33.8万円(両眼/税抜)
  • 角膜強化型オーダーメード・レーシックプラン

    角膜強化型オーダーメード・レーシックは、患者様個々の角膜形状に適したカスタムレーシックと手術で低下した角膜強度を元に戻す角膜強化型レーシックを融合させたレーシックプランです。もともと安全性の高いレーシック手術ですが、見え方の質を追求したカスタムレーシックと近視の戻りや合併症の発生を予防する角膜強化型レーシックの融合によって、レーシックのマイナス面が更に解消され、より安全性の高い視力回復手術として、当院でも最も多くの患者様に支持されています。

    • オーダーメード8次元角膜強化型Z8レーシック
      37.8万円(両眼/税抜)

レーシックの安全性を追求した視力回復手術
角膜強化型レーシック

角膜強化型レーシックは、レーシックによって低下した角膜強度を元に戻すことをコンセプトに冨田院長によって考案された新しいレーシック手術です。レーシックと同時に角膜強化法(クロスリンキング治療)を行うことによっ て、低下した角膜強度を元に戻すことで、手術による様々なデメリットを軽減することができます。

どんなに安全で簡単な治療でも、手術である以上は全くリスクが無いという訳ではありません。レーシック手術を受けると角膜強度が低下することは海外の眼科学会でも報告されています。この角膜強度の低下は、将来的な近視の戻りや手術後の合併症などの原因として考えられていましたが、この角膜強度の低下という課題を克服した新しい視力回復法が、冨田院長が考案した「角膜強化型レーシック」です。レーシックと角膜強化法(クロスリンキング治療)を併用することによって、低下した角膜強度を元に戻すことをコンセプトとした「角膜強化型レーシック」は、すでに世界200カ国以上でスタンダードなレーシック手術として普及しています。日本でも、「レクスト」や「レーシックエキストラ」といった名称で角膜強化型レーシックが行われていますが、使用するレーザー機器は違っても、レーシックと角膜強化法(クロスリンキング治療)を併用した角膜強化型レーシックです。

レーシック手術で平均的な厚みである100μmのフラップを作成すると、角膜強度が約18%低下する研究結果がすでに報告されています。また、エキシマレーザーによる屈折矯正で100μmの角膜を削除すると角膜強度が約22%低下しますので、合計で角膜強度が約40%低下することになります。角膜強化型レーシックは、低下した角膜強度を元に戻すことをコンセプトに冨田院長が考案した手術方法です。角膜強度の低下を補正することは、「手術による合併症を予防」、「視力の戻りを抑制」などの効果が得られます。

当院が導入しているエキシマレーザー「8次元アマリス1050RS」には、レーシック後の角膜強化を可能にした超高速クロスリンキング システム「CXL-365 vario System」が搭載されています。今までのアマリスシリーズには無い、新機能の超高速クロスリンキングシステム「CXL-365 vario System」がエキシマレーザーに直接搭載されたことによって、場所を移動することなく、「角膜強化型レーシック」をスムーズに行うことができます。

角膜強化法はどのタイミングで行うのが効果的か?

角膜強化法は、理想の角膜形状に整えられた手術直後に行うことが、とても効果的です。角膜強化法は副作用も無く、非常にリスクの低い治療法です。レーシック手術をより安全に受けていただくために、両眼8万円でご案内しています。

レーシック手術の流れ

レーシック手術は、両眼で約10分程度で終了しますので負担も少なく、日帰りで手術を受けていただけます。 翌日には、手術の効果を実感いただけますので、非常に有効な手術であると言えます。手術を迎えるにあたっては、手術の可否や適した術式を判断するために適応検査(詳しい目の検査)を受けていただきます。
診察の結果、眼の状態に問題がなければご手術となります。手術後は、定期的な経過観察を行いますが、手術後のケアは手術と同じくらい重要ですので、必ず受診してください。

  • 点眼麻酔

    局所麻酔薬を点眼します。
    ※点眼直後は、少し沁みる感じを受ける方もいらっしゃいます。

  • フラップ作成

    手術では、フェムトセカンドレーザーでフラップと呼ばれるフタを作ります。当院では、シリーズ最新作となるFEMTO LDV Z8を使用して正確で目に優しい手術を行います。

  • 屈折矯正

    次の段階では、フラップをめくってエキシマレーザーを照射して屈折異常を矯正します。当院で使用する8Dアマリス1050RSをは、どんな目の動きにも対応出来る8次元アイトラッカーを搭載しています。また、世界最速の照射スピードで、手術はほんの数秒で終了します。

  • 角膜強化法

    ビタミンB2を点眼しながら安全な波長の紫外線を照射して角膜強度を向上させる 角膜クロスリンキングを施します。 これによって、 低下した角膜強度を元の状態に 戻し、 視力の戻りや合併症を予防します。

    ※スタンダードレーシックでは、 この角膜強化法の工程はありません

  • 手術終了

    最後に消毒して手術は終了です。

フェイキックPhakic

角膜を削らない視力回復手術
「フェイキックIOL」

フェイキックは、小さなレンズを目の中に挿入することで視力を回復させる新しい視力矯正手術です。レンズ生体適合性が高く、大変優れた素材で出来ていますので安心です。また、コンタクトレンズのように毎日のお手入れも必要なく、特別なメンテナンスをしなくても、目の中で長期間にわたって良好な視力を維持することができます。フェイキックの特徴は、角膜を削らない手術であることです。角膜を削らないことで得られるメ リットは非常に多いです。

  1. 手術前の状態に戻せる可逆性の手術

    視力回復手術の代表としてはレーシックが有名です。レーシックは角膜削って近視や乱視を治療しますが、フェイキックは、角膜を削らずに視力を回復させる治療法です。一度角膜を削ると、元の状態に戻すことができませんが、フェイキックは、いったん目の中にセットしたレンズを簡単に取り出すことができます。万が一何らかの問題が起きてもレンズを取り除けば元の状態に戻すことができるため、非常にリスクの低い手術であると言えます。また、白内障になった場合でも、レンズを取り出して白内障の治療をすることができますので、将来的にも安心できる手術です。

  2. 角膜を削らないから見え方の質が高い

    レーシックでは、角膜を削るため高次収差(不正乱視)が増加することがあります。特に強度近視の方は、角膜を多く削る必要があるため、高次収差の増加が大きい傾向にあります。この高次収差はメガネやコンタクトレンズでは矯正できない微細な歪みで、手術後の見え方の質に関係します。フェイキックは、角膜を削らずに視力を向上させますので、手術後の高次収差が発生しません。以前は、レーシックが受けられない方の視力回 復のもう一つの選択肢というイメージでしたが、見え方の質が高いことから、レーシックと並ぶ視力回復手術の一つとして認知されてきました。現在では、レーシックが適応となった方でも、敢えてフェイキック手術を希望される方も増えてきています。

    高次収差(不正乱視)の増加による見え方の違い
  3. 角膜を削らない手術の適応範囲が広い

    視力回復を望んでいても、レーシックでは矯正できる度数に限界があります。強度近視、角膜の厚さが足りない、角膜形状に問題がある、円錐角膜と診断されたなどの理由で、レーシック手術を諦めてしまった方も少なくないでしょう。フェイキックIOLは、角膜を削らずに視力を向上させることができる画期的な治療法のため、強度近視、角膜の薄い方、形状に問題がある方、円錐角膜と診断された方でも、治療を受けることが可能です。また、矯正できる度数の範囲が広く、レーシックでは矯正できない強度の近視や乱視の方でも視力を回復することができます。 希望される方も増えてきています。

  4. お手入れ不要の永久コンタクトレンズ

    通常のコンタクトレンズは、日々の手入れが必要で、煩わしさを感じている方も少なくないでしょう。しかし、安全にコンタクトレンズを使用するには、レンズに応じた日々のお手入れは不可欠です。コンタクトレンズの使用方法や注意事項を守らないことによって、コンタクトレンズ利用者の10%が目の病気にかかっており、その数は年間で150万人にものぼります。フェイキックIOLは、眼の中にレンズを挿入して視力を回復させますので、治療後のお手入れは一切必要なく、長期にわたり視力を維持することができます。

  5. 角膜を削らないから手術後のリスクが少ない

    レーシックでは、フラップ作成時に角膜の知覚神経が切断されるため、一時的にドライアイが起こることがあります。通常、切断された知覚神経は3カ月程度で元に戻りますが、術後しばらくの期間は、ドライアイの症状が続くことがあります。また、レーシックでは術後に暗い場所で光がにじんで見えたり、コントラスト感度が低下することがあります。これらの症状は、エキシマレーザーの照射径が暗所で開いた瞳孔サイズより小さい場合に起こることがあります。フェイキックIOLは、角膜を削らないため、このような手術後のリスクを抑制する効果が期待できます。

冨田実アイクリニック銀座では
15種類ものフェイキックIOLを導入しています

眼の状態に合せて適したレンズを選択できる

冨田実アイクリニック銀座では、眼の状態、ご年齢、見え方の希望などを考慮して、一人一人の患者様に適したレンズをご提案しています。レンズの種類も、近視・遠視・乱視・老眼など、全部で15種類のレンズを導 入しています。繊細な目の手術だからこそ、詳細な検査を行い、多くの選択肢の中から適したレンズを選択することが大切です。乱視の強い方には、特注レンズもご用意することができますので、視力回復を検討されている方は、是非ご相談ください。

「フェイキックIOL(眼内コンタクトレンズ)」の種類

レンズ固定する位置によって2つのタイプのレンズがあります

フェイキック手術で使用するレンズは、レンズを固定する位置によって2つのタイプに分けられます。角膜と虹彩の間に挿入するタイプを「前房型レンズ」といい、虹彩と水晶体の間に挿入するタイプを「後房型レンズ」 といいます。冨田実アイクリニック銀座では、詳細な検査を行い、眼の状態に適したレンズを選択して、治療を行います。

フェイキックIOL(後房型レンズ)

後房型フェイキックレンズは、水晶体と虹彩の間(後房)にレンズを固定して、近視・遠視・乱視を治療します。 現在ではおよそ70ヵ国で使用されています。強度近視、強度乱視にも対応する幅広いレンズバリエーションがあり、新たに開発されたホールタイプのレンズは、光学部中心に極小の貫通孔を設けた新しいモデルで、手術前にレーザーによる虹彩切開の処置をしなくても房水循環の維持が可能になりました。また、レンズを虹彩の後側に挿入するため、外から見ても挿入したレンズは目立ちにくく、審美性に優れていることから、現在は後房型レンズが主流となっています。

  • スタンダード眼内コンタクトレンズ
    • 遠視
    • 近視
    • 乱視

    このレンズは、従来の後房型レンズと比べてコストパフォーマンスに優れ、近視・遠視・乱視だけではなく、老眼にも対応した新しいレンズです。すでに海外では多くの実績があり、他の後房型レンズと同様に良好な結果が得られています。なお、このレンズを使用したフェイキック手術では、房水の循環経路を確保するために、レーザーによる虹彩切開の処置が必要です。

  • ホールスタンダード眼内コンタクトレンズ
    • 遠視
    • 近視
    • 乱視

    スタンダード眼内コンタクトレンズにホールタイプが新たに登場しました。スタンダード眼内コンタクトレンズは、コストパフォーマンスに優れ、近視や乱視だけではなく、老眼にも対応できる新しいタイプの後房型レンズです。このスタンダード眼内コンタクトレンズにホールタイプのレンズが登場したことで、手術後の房水の循環経路が確保でき、レーザーによる虹彩切開の処置が不要になりました。手術前の処置が不要になったことで患者様の負担が軽減され、フェイキックによる視力矯正が身近に選択できるようになりました。

  • ホール ICL レンズ(EVO+ICLレンズ)
    • 遠視
    • 近視
    • 乱視

    このレンズの最大の特徴は、眼内の房水の循環を確保するために、レンズの中心に0.36mmの穴が開けられたことです。これによって、レーザーによる虹彩切開をしなくても房水循環の維持が可能になりました。レンズの中心に開けられた穴は、視機能への影響はなく、塞がる心配もないので、手術後の眼圧上昇といった合併症のリスクも軽減されています。また、手術時間の短縮、白内障が生じるリスクが低いといったメリットもあります。

フェイキックIOL(前房型レンズ)

当院で使用している前房型フェイキックIOLレンズには、オフテック社製(オランダ)のアルチザンレンズとアルチフレックスレンズの2つの種類があります。手術は、角膜と虹彩の間(前房)にレンズを固定して、近視・ 遠視・乱視を治療します。すでにFDA(アメリカ食品医薬品局)に認可されており、実績の高いレンズです。それぞれのレンズで、適応範囲が異なるため、目の状態に合わせてレンズを選択します。

  • アルチザンレンズ
    • 遠視
    • 近視
    • 乱視

    約30年の歴史があり、世界中で非常に実績のあるレンズです。レンズを挿入する際、折り曲げて挿入することができないため、切開創の幅が広くなりますが、強度近視の方に適しているレンズです。さらに、乱視の強い方に対応した乱視用のレンズもあります。

  • アルチフレックスレンズ
    • 近視
    • 乱視

    アルチフレックスレンズは、レンズの光学部分がシリコン製で柔らかいため、レンズをと折り曲げて挿入することができます。そのため、切開創の幅が約3mmと小さく、術後の視力回復が早いことが特徴です。前房型レンズでは、現在主流のレンズとなっており、両眼同日に手術をすることも可能です。近視と同時に乱視も治療出来ますが、超強度近視や遠視には対応していません。

40歳からの視力回復手術LASIK

40際以上の方には
老眼を考慮した視力回復手術という選択肢があります

老眼も治療できる時代です

老眼は、ピント調節機能が低下することが原因で起こる眼の老化現象の1つで、一般的には40歳を過ぎた頃から自覚するようになると言われています。近視の人は、近くが見えやすいため、老眼を自覚するのが遅くなる傾向にあり、これを「近視の利点」と言います。しかし、老眼を自覚していなくても、実際にはピント調節機能は低下しており、近視の利点によって症状を自覚していないだけなのです。そのため、視力回復手術によって近視を治療すると、自覚していなかった老眼の症状が現れ、逆に見えづらさを感じる場合があります。冨田実アイクリニック銀座では、近視・遠視・乱視を治療すると同時に老眼を治療できる視力回復手術を導入しています。手術前の検査では、老眼の検査も行っていますので、40歳以上の方でも視力回復を諦めることはありません。アンチエイジング志向が高まる中で、老眼も治療できる時代が到来しています。

老眼を自覚するようになる
40歳以上の方に適した遠近両用レーシック

8次元アマリス 1050RS は、近視・遠視・乱視だけではなく、老眼の治療にも対応した最先端の照射プログラム「プレスビーマックス・ハイブリッド」を搭載しいます。角膜形状をマルチフォーカリティに矯正できる新たな老眼用プログラムも、アマリスの8次元アイトラッカーによる正確で安全なレーザー照射が可能です。近視の人は、近くが見えやすいという特徴がありますので、老眼の症状を自覚するのが遅くなる傾向があります。しかし、目の老化現象である老眼は、自覚が無くても進行していますので、レーシックによって視力を回復することによって、逆に老眼を自覚するようになります。そのため、40歳以上の方には、老眼を考慮しながら視力回復ができる遠近両用レーシックという選択肢があります。

遠近両用レーシック「プレスビーマックス・ハイブリッド」の特徴
  1. 角膜を削る量が抑えれれるため適応範囲が広い
  2. モノビジョンとは異なる老眼用レーシックです
  3. 現代にマッチした「中間距離の見え方」がより自然になりました
  4. 近視・遠視・乱視と同時に老眼の治療が可能です
  5. リバーシブルモードが搭載されたことで、
    手術のリスクが軽減されています
  6. 老眼を自覚している方でも治療が可能です
遠近両用レーシック
「プレスビーマックス・ハイブリッド」の仕組
角膜をマルチフォーカリティに矯正する老眼用の照射プログラム

従来の照射プログラムから更にバージョンアップされた遠近両用レーザー照射プログラムは、距離によって見る部分を区分けします。複数の映像が同時に入り、それぞれの映像を網膜で焦点が合うように矯正することで、近方・中間距離・遠方に焦点を合わせます。角膜に遠近両用レンズを作ってしまうイメージです。

新たに搭載された新機能 「リバーシブル ・ モード」
遠近両用レーシックを可逆性の手術に進化させた新しいプログラム

プレスビーマックス・ハイブリッドには、新たな照射プログラムである「リバーシブルモード」が搭載されています。この機能の搭載によって、万が一、手術後に問題が生じても、角膜形状を元に戻すことが可能となりました。新たに搭載された「リバーシブル・モード」は、遠近両用レーシックを可逆性の手術に進化させ、手術のリスクを大幅に低減させた新しい照射プログラムです。

「プレスビーマックス・ハイブリッド」の
開発者の紹介

プレスビーマックス・ハイブリッドは、世界的な眼科医であるジョージ・アリオ教授によってデザインされた、とても洗練された遠近両用レーシックプログラムです。ジョージ・アリオ教授は、多くのレーシックプログラムを考案するなど、屈折矯正分野の第一人者です。最近では、現在流通している全ての多焦点レンズの特徴を網羅した専門書を編集するなど、世界的に活躍する眼科医の一人です。

ついに登場した角膜を削らない老眼治療
遠近両用フェイキック

フェイキック手術は、角膜を削らない手術として注目を集めています。角膜を削らないことで、手術後の高次収差(不正乱視)の増加がなく、見え方の質がとても高いことが特徴です。従来のフェイキック手術では、近視・遠視・乱視しか治療できませんでしたが、ついに老眼も治療できる遠近両用のフェイキックレンズが冨田実アイクリニック銀座に導入されました。すでに、欧州CEマーク(日本の厚生労働省にあたる)を取得しており、海外での実績では非常に良好な結果が得られています。フェイキック手術は、レンズを取り除けば元の状態に戻せる可逆性の手術ですので、手術のリスクが低いことが大きなメリットです。この治療は、両眼に行いますので、左右の見え方に差が生じることがない(両眼ともに遠近が見える構造)ため、眼精疲労などの症状も軽減できます。また、ドライアイや角膜混濁といった手術後のリスクが少ない老眼治療です。

  • スタンダード遠近両用フェイキックレンズ
    (老眼用眼内コンタクトレンズ)

    後房型フェイキックレンズに、老眼に対応した遠近両用レンズが登場しました。新たに開発された遠近両用フェイキックレンズは、新たな老眼治療のメニューとして、世界からも大きな期待を集めています。老眼は、40歳を過ぎると自覚してくると言われている眼の老化現象です。角膜を削らずに老眼が治療できる遠近両用フェイキックレンズの登場で、老眼治療に新たな選択肢が加わりました。また、単焦点レンズで白内障の手術受けられた方にも適応しますので、多焦点レンズと同様の効果を得ることができます。 

  • ホール・スタンダード遠近両用フェイキックレンズ
    (ホールタイプ老眼用眼内コンタクトレンズ)

    老眼治療に対応した後房型の遠近両用レンズにホールタイプが登場しました。フェイキックレンズで老眼の治療ができるようになったことで、見え方の質を重視する方には選択肢が増え、治療の適応範囲も広くなりました。従来の遠近両用眼内コンタクトレンズは、手術後の房水の循環を確保するために、レーザーによる虹彩切開の処置が必要でしたが、ホールタイプの遠近両用レンズが新たに登場したことで、虹彩切開をしなくても房水の循環を確保できるようになりました。手術前の処置が不要になったことで、患者様の負担を軽減することができます。

冨田実が選んだレーザー機器LASER EQUIPMENT

立体的な眼の動きまで追尾できる
8次元アイトラッキングシステムを搭載
眼の動きを1秒間に1050回スキャンする新たな機能を搭載

エキシマレーザーには、手術中に目が動いたときに、その動きをレーザーが追尾して正確な位置にレーザーを照射するためのセンサー(アイトラッカー)が搭載されています。目の動きが一定以上大きかった場合には、レーザー照射を自動的にストップさせます。アイトラッカーには、縦横の動きに対応した2次元アイトラッカーや3次元アイトラッカーなどがあります。当院が導入した8次元アマリス1050RSは、これらの機能に加えて、回転、回旋、上下動、照明条件の違いによる動向中心の異動、微細な角度などの立体的な動きまで8次元で追尾することができます。また、1秒間に1050回も目の動きをスキャンできる新しいスキャニング機能も搭載され、より正確なレーザー照射を可能にしています。

正確な照射位置を判別できる
8次元アイトラッキングシステム の性能
立体的な眼の動きも補足して、より正確な位置にレーザーを照射

眼は球体のため、その動きは立体的で複雑な動きをします。実際の手術では、緊張によっても眼が動いてしまいますので、アイトラッカーの性能がレーザー照射の正確性を大きく左右します。当院が導入した8次元アマリス1050RSに搭載された8次元アイトラッカーは、平面的な眼の動きに加えて、立体的な眼の動きにも対応できるため、正しい照射位置を判別して、より正確なレーザー照射を可能にしています。

レーザー照射前は、左の図のように1の動向中心を認識します。手術中は姿勢や緊張などによって必ず眼が動いてしまいますが、その動きを追尾して正確な位置にレーザーを照射する機能がアイトラッカーです。2次元アイトラッカーは瞳孔中心の動きを平面的に追いかけるため、右図の①のような間違った位置にレーザーを照射してしまいます。(照射ズレの原因)
アマリスに搭載されている8次元アイトラッカーは、瞳孔中心の動きを立体的に追尾しますので、②の正確な位置にレーザーを照射することができます。
8次元アイトラッカーが捉えた実際の手術中の眼の動き

左の図は、実際に手術中の眼の動きを捉えた、アマリスの追尾記録のデータです。レーザーを照射する前には、縦横の赤いラインが交差した中心に眼の中心を合わせますが、手術中は緊張などによって自然と眼が動いてしまいます。8次元アイトラッカーは、1秒間に1050回もの速度で目の動きをスキャンしながら、複雑な目の動きを追尾して正確な位置へレーザーを照射します。

手術中は緊張などによって無意識のうちに自然と眼が動いています。
新たな照射技術「スマートパルス・テクノロジー」を搭載
「見え方の質」 は、 手術後の角膜の滑らかさによって向上する

当院が新規導入した8次元アマリス 1050RS は、より進化した幾何学モデルによってプログラムされた照射技術「スマートパルス・テクノロジー」 にバージョンアップされています。(平成 28 年 12 月にバージョンアップ) これによって、より精密なレーザー照射が可能となり、エキシマレーザーを照射した角膜面がより滑らかに整えられ、手術後の高次収差(不正乱視) の増加を抑制し、より質の高い見え方を期待することができます。

レーシック手術後の高次収差 (不正乱視) の増加を抑制
レーシックは、角膜を削ることで視力を矯正するため、左の図のようにレーザーを照射した角膜面にわずかな凹凸が生じます。この凹凸が、手術後の高次収差(不正乱視)が増加するの要因であり、夜間視力や見え方の質を低下させることが原因でした。スマートパルス・テクノロジーによるレーザー照射は、右の図のように角膜面を滑らかに整え、手術後の高次収差(不正乱視)の増加を抑え、質の高い見え方を追求しています。
レーシックの課題を克服した 「スマートパルス ・ テクノロジー」

スマートパルス・テクノロジーによるレーザー照射は、レーシック手術後の課題であった高次収差(不正乱視)の増加を抑え、より質の高い見え方を追求することができる新しい照射技術です。また、過矯正の抑制、夜間視力の向上、手術後の早期回復など様々なメリットを得ることができます。

  1. 手術後の高次収差 (不正乱視) の増加を抑制する
  2. 手術後の過矯正を予防する
  3. 夜間視力の向上 (ハロー ・ グレアを軽減)
  4. 手術後の早期回復
見え方の質を追求した照射プログラム
「アベレーション・フリー」
高次収差 (不正乱視) の増加を抑える照射プログラムを搭載

レーシック手術は、エキシマレーザーを照射して角膜形状を変化させることによって、近視や遠視を改善しますが、レーザーによって角膜を削ると、手術後は高次収差(不正乱視)が増加する場合があります。8次元アマリス1050RSには、手術後に高次収差を増加させない新しい照射プログラムが搭載されています。また、人間は今までの生活の中での見え方に慣れ親しんでおり、その見え方がその人にとっての自然な見え方になります。8次元アマリス1050RSに搭載された「アベレーション・フリー」は、その人が本来持っている自然な見え方を保ちながら視力を改善させる新たな照射プログラムです。

不正乱視の増加を抑制する
「オーダーメード ・ レーシック」
オーダーメード ・ レーシックに対応したアマリスの
「Wavefront 技術」

アマリスは、個々の角膜形状に合わせたオーダーメードのレーシックにも対応しています。特に、強度近視の方や乱視の強い方には、このWavefront技術を使用したオーダーメード・レーシックが適しています。角膜の収差を測定する検査機器によって測定さ れたデータをアマリスにリンクさせることで、より精密なレーシック手術を行うことができます。この技術によって、手術後の見え方の質が向上し、よりクリアな視界を得ることが期待で きます。

角膜強化型レーシックに対応した
「超高速クロスリンキングシステム」を搭載

当院が導入しているエキシマレーザー「8次元アマリス 1050RS」には、レーシック後の角膜強化を可能にした超高速クロスリンキングシステム「CXL-365 vario System」が搭載されています。今までのアマリスシリーズには無い、新機能の搭載で安全性の高い手術が追及しています。超高速クロスリンキングシステム「CXL-365 vario System」がエキシマレーザーに直接搭載されたことによって、場所を移動することなく、新時代のレーシック 「角膜強化型レーシック」をスムーズに行うことができます。

遠近両用レーシックプログラム
「プレスビーマックス・ハイブリッド」を搭載

プレスビーマックス・ハイブリッドは、老眼治療に対応した最先端の遠近両用レーシッックプログラムです。当院の冨田院長は、アメリカ白内障屈折矯正学会(ASCRS)やヨーロッパ白内障屈折矯正学会(ESCRS)、アジア太平洋眼科学会(APAO)、国際老眼学会などの多くの世界的な眼科学会で、この治療の講演を行う世界的なパイオニアの一人として活躍しています。

フラップ作成時のリスクを軽減する
「リアルタイムOCT」を搭載
個々の角膜状態に合わせたカスタマイズフラップの作成を実現

当院が導入した「FEMTO LDV Z8」には、リアルタイムOCT機能が搭載されています。このOCT機能は、執刀医が実際の角膜断面を確認しながらフラップを作成することを可能とした新しい機能です。5つの層から構成される角膜を断面で確認することで、単に正確な厚さのフラップを作成するだけではなく、個々の角膜形状に適したポジションにフラップを作成することが可能となりました。また、実際の角膜の断面を執刀医が確認できるということは、フラップ作成時の安全性向上にも大きな役割を果たしています。

執刀医が角膜を断面で確認!個々の角膜状態に応じたフラップ作成

角膜は5つの層から構成されています。安全性に優れたフラップを作成するためには、角膜を構成する1層であるボーマン膜から30マイクロメートル下のラインが適したポジションになります。角膜の厚さは個々によって異なりますので、安全なラインにフラップを作成するためには、角膜を断面で確認しなければなりません。FEMTO LDV Z8は、OCT機能が搭載されたことによって、執刀医が角膜を断面で確認しながらフラップを作成することができますので、個々の角膜に適したラインにフラップを作成することを可能としています。

角膜へのダメージを抑える
「スモールバブル・テクノロジー」
個々の角膜状態に合わせたカスタマイズフラップの作成を実現

当院が導入した「FEMTO LDV Z8」には、リアルタイムOCT機能が搭載されています。このOCT機能は、執刀医が実際の角膜断面を確認しながらフラップを作成することを可能とした新しい機能です。5つの層から構成される角膜を断面で確認することで、単に正確な厚さのフラップを作成するだけではなく、個々の角膜形状に適したポジションにフラップを作成することが可能となりました。また、実際の角膜の断面を執刀医が確認できるということは、フラップ作成時の安全性向上にも大きな役割を果たしています。

正常な組織構造を保つことで手術後の早期回復が期待できます

エネルギーを抑えたレーザーを高速で照射する「スモールバブル・テクノロジー」は、角膜組織へのダメージを抑え、フラップ作成後も正常な組織構造を維持することができます。滑らかで均一な厚さのフラップを作成するだけではなく、角膜組織へのダメージを軽減できる「FEMTO LDV Z8」は、手術後の早期回復が期待できます。

角膜強度を維持する
「フラップエッジ・テクノロジー」
フラップエッジの角度調整により手術後のフラップ強度を維持します

当院が導入したシリーズの新作となる「FEMTO LDV Z8」は、立体的な3次元フラップを作成することができます。フラップエッジの角度を鋭角的に調整することで、フラップを戻した時の収まりが良好で、フラップ強度の維持と合併症の予防効果が期待できます。

設定単位を進化させた
「ナノジュールレンジ・テクノロジー」
ナノジュール単位でのエネルギー設定で、設定値との誤差を是正

フラップ作成に使用するフェムトセカンドレーザーでは、一般的な照射エネルギーの設定単位はマイクロジュール単位でした。シリーズの新作となる「FEMTO LDV Z8」は、エネルギーの設定単位をマイクロジュールからナノジュールに進化させました。マイクロジュールの1/1000にまで精密化されたエネルギー設定により、設定値との誤差範囲が±1μmという領域にまで高められ約10倍の正確性を実現しています。

適応検査・ご手術・術後健診までの流れFLOW

  1. ご予約

    お電話 ・ インターネットからお申込みいただけます。

    ・ご予約を承る際に検査までの注意事項などを詳しくお伝えします。
    ・ご予約前に無料のメール相談も受け付けています。

  2. 適応検査
    当日

    詳しい目の検査を行います。

    ・10種類以上の検査機器を使用して手術に必要な目のデータを正確に測定します。
    ・国家資格である視能訓練士が検査を担当します。

    検査データを基に目の状態を診察します。

    ・詳細な検査データを基に、 執刀医である冨田院長が手術の適応を判断します。
    ・使用するレーザー機器や手術の流れについてのカウンセリングを行います。

  3. 手術当日

    手術前に再検査を行い適応検査のデータと照合します。

    ・手術当日にも再度検査を行い、適応検査のデータと誤差が無いかをチェックします。
    ・手術前に診察を行って、 目の状態を最終確認します。

    再検査で問題が無ければ手術室へご案内します。

    ・手術は冨田院長が担当します。 手術は数分で終了します。
    ・手術後は20分程度お休みいただき、その後の診察で問題がなければご帰宅いただけます。

  4. 術後の
    定期検診

    手術後は定期的な検診を行います。

    ・手術後の検診は、 手術と同じくらい大切ですので、 必ず受診してください。
    ・手術翌日、1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後を目安に受診していただきます。
    ※手術後の経過には個人差がありますので、上記以外にも通院が必要な場合があります。

屈折矯正手術の注意点IMPORTANT POINT

屈折矯正手術のQ&AQ&A

患者様目線で安心できる診療体制
冨田実アイクリニック銀座は、一貫した診療を行っていくために主治医制で診療を行います。常に患者様目線での診療を心がけ、安心して受診いただけるクリニックであり続けたいと考えています。院長の冨田実は、診察、執刀、手術後のケアまで責任を持った診療体制をとることが、一人一人の患者様に適した治療が行えると考えます。
その方にとって「どんな治療が適しているか」「どんな手術が効果的 か」「どんなケアが必要なのか」を追求すると主治医制にたどり着きました。

手術は1日10件までしか行いません
安心して治療を受けていただくためには、「しっかりと相談していただく時間」「詳細な検査を行う時間」「適切な治療を行う時間」が必要です。その役割を分担してしまえば多くの患者様を治療することができるかもしれませんが、主治医制を採用している当院では、一人一人の患者様を大切にする診療体制で皆様をお迎えいたします。患者様が安心できる治療を提供するためには、執刀医である院長が患者様の眼の状態を把握している必要があります。そのため、手術は1日限定10件までしか行いません。

手術のアフターケアを大切にしています
「責任を持って治療後のケアを行う」という考えのもと、冨田実アイクリニック銀座では、アフターケアについても手術と同等に大切なものであると考えています。どんなに良い手術を提供しても、きちんとしたアフターケアが無ければ、その効果を十分に得ることはできません。手術後の経過にも個人差があるように、手術後の生活環境にも個人差がありますので、安心して治療を受けていただくためには、患者様一人一人に適したケアが必要不可欠であると、冨田院長は考えています。
医師を指導する立場にある指導医ライセンスを取得

冨田院長は、眼科専門医としてレーシックやレーザー白内障手術、フェイキック手術、円錐角膜治療、老眼治療など様々な手術における指導医のライセンスを取得しています。指導医のライセンスを取得している冨田院長は、医師を指導する立場にあり、指導した医師に対して手術のライセンスを発行する重要な責任を担っています。指導医には、手術方法だけではなく、使用するレーザー機器の性能や眼内レンズの特性、万が一のトラブルへの対処方法など、知識・技術・指導力が求められます。冨田実アイクリニック銀座では、すべての手術を指導医のライセンスを持つ冨田院長が担当します。


2大レーザーメーカーから“ワールド ・ ベストサージャン”をW受賞

冨田院長は、「FEMTO LDV」と「アマリス」の開発にシリーズ当初から医学的アドバイザーとして携わり、レーザーの性能向上に大きく貢献してきました。その功績が髙く評価され、「FEMTO LDV シリーズ」の開発を手 掛けるジーマー社(スイス)と「アマリス」の開発を手掛けるシュウィンド社(ドイツ)の両社から、ワールド・ベストサージャンの表彰を受けました。レーザー機器を自在に操る眼科医として、それぞれのレーザー機器の性能や特徴を熟知しています。冨田院長は、角膜強化型レーシックの考案者でもあり、将来的な視力の戻りを抑え、合併症を軽減させることに尽力。レーシック手術のリスクを低下させた角膜強化型レーシックは、すでに世界中で取り組まれており、その有効性は世界的な眼科学会でも報告されています。

アメリカ白内障屈折矯正学会で2年連続の受賞

冨田院長は、アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど世界各国で行われる眼科学会から招待講演の依頼を受け、年間で数十本に及ぶ講演を行っています。2011年のアメリカ白内障屈折矯正学会(ASCRS)では、角膜手術・屈折矯正部門でベストアワードを受賞。翌年のアメリカ白内障屈折矯正学会(ASCRS)では、全部門での総合優勝となるグランド・プライズを受賞しました。また、ヨーロッパ白内障屈折矯正学会(ESCRS)、アジア太平洋眼科学会(APAO)、アメリカ眼科学会(AAO)などにおいて、賞を受賞しています。

冨田院長は、アメリカ眼科学会において、日本人医師3名のリーダーに選ばれています。また、アメリカ眼科学会・国際屈折矯正学会の機関誌である 「Journal of refractive Surgery」をはじめ、「EYE AND VISION」、「BMC Ophthalmology International」、 「Journal of Ophthalmic Research」といった多くの英文眼科専門誌の編集委員も務め、眼科治療における新しい情報を世界に発信することにも尽力しています。

海外で眼科客員教授を歴任。

冨田院長は、眼科の名門として名高い温州大学医学部眼科において臨床客員教授を務めています。世界的な眼科学会において多くの講演を手掛けている冨田院長の功績と受賞歴が評価され、臨床客員教授という名誉ある役職に就任。冨田院長は、未来を担う学生達を前に最先端の眼科治療について講演も行っています。 また、2016年には、河北省医科大学眼科の教授にも就任しています。

1998年 愛知医科大学 医学部卒業
1998年 関西医科大学病院 眼科研修医
2003年 関西医科大学大学院卒業 医学博士取得,
日本眼科学会専門医取得
2003年 米国ハーバード大学眼科 フェロー(2年間)
2005年 ハーバード大学スケペンス眼研究所最優秀論文受賞
2005年 150名の眼科専門医を有する日本最大級の眼科クリニック入職
2007年 同クリニック 副院長就任
2008年 同クリニック エグゼクティブメディカルディレクター
最高診療責任者)に就任
2010年 アメリカ白内障屈折矯正学会(ASCRS):最優秀ポスター賞受賞
2011年 アメリカ眼科学会でレーシック、老眼治療に関する
インストラクター
アメリカ白内障屈折矯正学会(ASCRS):角膜手術、
屈折矯正手術部門最優勝受賞
2011年 温州大学医学部眼科 臨床客員教授就任
2012年 アメリカ白内障屈折矯正学会(ASCRS):
グランドプライズ(全部門最優勝受賞)
2012年 欧州白内障屈折矯正学会:最優秀ポスター受賞
2012年 アメリカ眼科学会、国際屈折矯正学会役員理事就任
2013年 アメリカ眼科学会、ベストポスター受賞
2014年 冨田実アイクリニック銀座 開設(院長)
2014年 アメリカ眼科学会 (AAO)プレジデンシャルアワード受賞
2015年 温州大学医学部眼科 臨床客員教授就任
2016年 河北省医科大学 眼科客員教授に就任
PhysIOL社より、日本で唯一の3焦点眼内レンズ指導医に認定される。
2017年 3焦点レンズによる白内障手術1000症例達成。PhysIOL社より「Asia Top Clinic Award 」受賞
2018年 Ziemer Award受賞(レーザー白内障手術 2017年度症例数アジアトップに認定)
  • 所属学会

    ・ 日本眼科学会
    ・ 日本眼科手術学会
    ・ 日本眼内レンズ屈折矯正学会
    ・ 日本角膜学会
    ・ 日本コンタクトレンズ学会
    ・ 米国眼科学会(役員)
    ・ 米国眼内レンズ屈折矯正学会
    ・ 欧州眼内レンズ屈折矯正学会
    ・ 国際屈折矯正学会(役員理事)
    ・ アメリカ眼科学会(役員)
    ・ アメリカ白内障屈折矯正学会
    ・ 欧州白内障屈折矯正学会
  • 指導医ライセンス

    ・ イントラレース指導医
    ・ ウェブライト指導医
    ・ Zレーシック指導医
    ・ ケラリング指導医
    ・ アマリス指導医
    ・ フェイキック ICLレンズ指導医
    ・ フェイキック アルチザン・アルチフレック指導医
    ・ カメラレーシック指導医
    ・ レーザー白内障指導医
    ・ 3焦点レンズ指導医
    ・ 2焦点レンズ指導医