最先端
無料のメール相談はこちらから
マップを見る 電話をかける

※公的医療保険外治療 新しい技術・医療機器を使った治療のため、公的医療保険が適応されません。

冨田実アイクリニック銀座の視力回復手術

視力回復手術は裸眼生活を手に入れる有効な手段として普及していますが、視力回復手術を受けるにあたっては、眼科専門医とよく相談して、自分の目に適した治療法を選択することが大切です。もちろん、目の状態によってはレーシック手術が適さない人もいますので、そういった方にはフェイキックという選択肢があります。冨田実アイクリニック銀座では、詳細な検査データをもとに、患者様の希望を伺いながら、「どのくらい視力が回復するのか」「どういった手術が適しているのか」「どんなレーザー機器を使用するのか」など患者様目線でご相談させていただき、個々の患者様に適した手術プランをご提案しています。

屈折異常について

人間の眼は、よくカメラに例えられますが、角膜と水晶体がカメラで言うレンズの役割を担い、網膜がフィルムの役割を果たしています。カメラで写真を撮影する時は、レンズを前後に動かしてピントを合わせますが、人間の眼では水晶体が厚みを変化させることでピントを調節して物を見ています。調整をしない状態で網膜にピントが合う状態を正視と言いますが、近視や遠視といった屈折異常があると、網膜の前後で焦点が結ばれてしまいます。また、乱視は焦点が複数存在し、物が歪んで見えたり、二重に見えたりします。一般的に40歳を過ぎた頃から自覚すると言われている老眼は、加齢とともに水晶体が弾力性を失い、ピント調節機能が低下してくることが原因です。

正視

正視とは、水晶体がピント調節をしていない状態で、きちんと網膜に焦点が結ばれる状態をいいます。近くを見る時は水晶体がピント調節することで遠くも近くもハッキリ見ることができます。

近視

近視とは、網膜の手前で焦点が結ばれるため、近くは良く見えるが遠くが見えにくい状態です。近視の度数が強くなるほど、より近くにピントが合い、遠くはより見えづらくなります。

遠視

遠視とは、水晶体がピント調節をしていない状態で、網膜よりも後で焦点が結ばれる状態です。遠くが良く見えると勘違いしていることが多いのですが、実際には近くも遠くも見えづらい目になります。

乱視

乱視とは、焦点が複数存在するため、物が二重、三重に見える状態です。多くは角膜の歪みによって起こりますが、中には水晶体が原因で起こる場合もあります。近視や遠視と合併することもあります。

冨田実アイクリニック銀座の視力回復プラン

冨田実アイクリニック銀座では、患者様の眼の状態に適した視力回復手術を提供しています。近視の度数や乱視の有無、角膜の厚みなど、眼の状態は患者様によって千差万別です。また、40歳を過ぎると自覚してくると言われている老眼は、視力を改善すると余計に強く自覚することがありますので、40歳以降の方には老眼を視野に入れた手術プランを提案する必要があります。

近視・遠視・乱視を改善する「視力回復手術」

  • スタンダード
    LASIK
  • オーダーメード
    LASIK
  • 角膜強化型
    LASIK
  • フェイキック

40歳以上の方にお勧めの「遠近両用視力回復手術」

  • 遠近両用
    LASIK
  • 遠近両用
    フェイキック

その他のトピックス

  • レーザー機器
    紹介
  • 手術までの
    流れ
  • 手術の注意点
  • 視力回復手術
    Q&A

レーシックLASIK

レーシック手術は、世界各国で行われている視力回復手術です。レーシック手術は、レーザーで角膜のカーブを変えることで、近視・遠視・乱視を改善します。レーシックが日本で行われるようになってから約20年が経過しますが、テクノロジーの進歩によって手術に使用するレーザー機器も飛躍的な進化を遂げています。すでに、レーシックを受けた多くの方が、裸眼生活を送られています。メガネやコンタクトレンズから解放されて、大好きな趣味やスポーツなどを裸眼で楽しむことができるレーシックは、有効な視力回復法のひとつです。

※レーシック手術は、趣味やスポーツを裸眼で楽しむことができる視力回復の選択肢です

冨田実アイクリニック銀座のレーシックプラン

当院では、8次元アイトラッカーと高速クロスリンキングシステムを搭載した「8次元アマリス1050RS」と「FEMTO LDV Z8」を導入しています。どちらも角膜強化型レーシックにも対応しています。近視や乱視の程度や角膜の厚みに応じて、いくつかの手術プランをご用意しています

※角膜強化型レーシックに使用されるレーザー機器と角膜強化法に使用されるクロスリンキングシステムは施設によって異なります。

  • スタンダード・レーシックプラン

    スタンダード・レーシックは、従来型のレーシックプランです。レーシックでは、角膜を削って視力を回復させるため、角膜強度の低下によって将来的に近視の戻りが発生する可能性があります。そのため、角膜の厚みが充分な方、近視・遠視・乱視が軽度な方に適しています。角膜のカーブを変えるためにエキシマレーザーを照射しますが、手術後に不正乱視が発生するリスクが高くなります。

    • 8次元アマリスZレーシック
      21.8万円(両眼/税抜)
    • 8次元アマリスZ8レーシック
      26.8万円(両眼/税抜)
  • オーダーメード・レーシックプラン

    オーダーメード・レーシックは、ウェーブフロント技術を駆使して、角膜形状を様々な角度から回析し、患者様の角膜形状に合せた手術プランを構築するカスタムレーシックです。

    • オーダーメード8次元アマリスZ8レーシック
      31.8万円(両眼/税抜)
  • 角膜強化型・レーシックプラン

    レーシック手術では、角膜を削って視力を矯正しますので、角膜強度が低下します。そのため、角膜の薄くなった部分が徐々に眼圧の影響を受けて近視の戻りや、合併症の原因になることもあります。当プランは、レーシック手術に角膜強化法(クロスリンキング)を組み合わせたレーシックプランです。

    • 8次元角膜強化型Zレーシック
      27.8万円(両眼/税抜)
    • 8次元角膜強化型Z8レーシック
      33.8万円(両眼/税抜)
  • 角膜強化型オーダーメード・レーシックプラン

    角膜強化型オーダーメード・レーシックは、患者様個々の角膜形状に適したカスタムレーシックと手術で低下した角膜強度を元に戻す角膜強化型レーシックを融合させたレーシックプランです。

    • オーダーメード8次元角膜強化型Z8レーシック
      37.8万円(両眼/税抜)

レーシック手術の流れ

レーシック手術は、両眼で約10分程度で終了しますので、日帰りで手術を受けていただけます。 手術を迎えるにあたっては、手術の可否や適した術式を判断するために適応検査(詳しい目の検査)を受けていただきます。
診察の結果、眼の状態に問題がなければご手術となります。手術後は、定期的な経過観察を行いますが、手術後のケアは手術と同じくらい重要ですので、必ず受診してください。

  • 点眼麻酔

    局所麻酔薬を点眼します。
    ※点眼直後は、少し沁みる感じを受ける方もいらっしゃいます。

  • フラップ作成

    手術では、フェムトセカンドレーザーでフラップと呼ばれるフタを作ります。当院では、FEMTO LDV Z8を使用して手術を行います。

  • 屈折矯正

    次の段階では、フラップをめくってエキシマレーザーを照射して屈折異常を矯正します。当院で使用する8Dアマリス1050RSは、目の動きに対応出来る8次元アイトラッカーを搭載しています。

  • 角膜強化法

    ビタミンB2を点眼しながら紫外線を照射して角膜強度を向上させる角膜クロスリンキングを施します。 これによって、低下した角膜強度を元の状態に戻し、視力の戻りや合併症を予防します。

    ※スタンダードレーシックでは、 この角膜強化法の工程はありません

  • 手術終了

    最後に消毒して手術は終了です。

フェイキックPhakic

角膜を削らない視力回復手術
「フェイキックIOL」

フェイキックは、小さなレンズを目の中に挿入することで視力を回復させる新しい視力矯正手術です。コンタクトレンズのように毎日のお手入れも必要なく、特別なメンテナンスをしなくても、目の中で長期間にわたって良好な視力を維持することができます。フェイキックの特徴は、角膜を削らない手術であることです。角膜を削らないことで得られるメリットは非常に多いです。

  1. 手術前の状態に戻せる可逆性の手術

    視力回復手術の代表としてはレーシックが有名です。レーシックは角膜削って近視や乱視を治療しますが、フェイキックは、角膜を削らずに視力を回復させる治療法です。一度角膜を削ると、元の状態に戻すことができませんが、フェイキックは、いったん目の中にセットしたレンズを取り出すことができます。万が一何らかの問題が起きてもレンズを取り除けば元の状態に戻すことができます。また、白内障になった場合でも、レンズを取り出して白内障の治療をすることができます

  2. 裸眼に近い見え方

    レーシックでは、角膜を削るため高次収差(不正乱視)が増加することがあります。特に強度近視の方は、角膜を多く削る必要があるため、高次収差の増加が大きい傾向にあります。この高次収差はメガネやコンタクトレンズでは矯正できない微細な歪みで、手術後の見え方の質に関係します。フェイキックは、角膜を削らずに視力を向上させますので、手術後の高次収差が発生しません。

    高次収差(不正乱視)の増加による見え方の違い
  3. 手術の適応範囲が広い

    視力回復を望んでいても、レーシックでは矯正できる度数に限界があります。強度近視、角膜の厚さが足りない、角膜形状に問題がある、円錐角膜と診断されたなどの理由で、レーシック手術を諦めてしまった方も少なくないでしょう。フェイキックIOLは、角膜を削らずに視力を向上させることができるため、強度近視、角膜の薄い方、形状に問題がある方、円錐角膜と診断された方でも、治療を受けることが可能です。また、矯正できる度数の範囲が広く、レーシックでは矯正できない強度の近視や乱視の方でも視力を回復することができます。

  4. お手入れ不要の永久コンタクトレンズ

    通常のコンタクトレンズは、日々の手入れが必要で、煩わしさを感じている方も少なくないでしょう。しかし、安全にコンタクトレンズを使用するには、レンズに応じた日々のお手入れは不可欠です。コンタクトレンズの使用方法や注意事項を守らないことによって、コンタクトレンズ利用者の10%が目の病気にかかっており、その数は年間で150万人にものぼります。フェイキックIOLは、眼の中にレンズを挿入して視力を回復させますので、治療後のお手入れは必要なく、長期にわたり視力を維持することができます。

  5. 角膜を削らない

    レーシックでは、フラップ作成時に角膜の知覚神経が切断されるため、一時的にドライアイが起こることがあります。通常、切断された知覚神経は3カ月程度で元に戻りますが、術後しばらくの期間は、ドライアイの症状が続くことがあります。また、レーシックでは術後に暗い場所で光がにじんで見えたり、コントラスト感度が低下することがあります。これらの症状は、エキシマレーザーの照射径が暗所で開いた瞳孔サイズより小さい場合に起こることがあります。フェイキックIOLは、角膜を削りません。

冨田実アイクリニック銀座では
15種類のフェイキックIOLを導入しています

眼の状態に合せて適したレンズを選択できる

冨田実アイクリニック銀座では、眼の状態、ご年齢、見え方の希望などを考慮して、一人一人の患者様に適したレンズをご提案しています。レンズの種類も、近視・遠視・乱視・老眼など、全部で15種類のレンズを導入しています。繊細な目の手術だからこそ、詳細な検査を行い、多くの選択肢の中から適したレンズを選択することが大切です。乱視の強い方には、特注レンズもご用意することができますので、視力回復を検討されている方は、是非ご相談ください。

「フェイキックIOL(眼内コンタクトレンズ)」の種類

レンズ固定する位置によって2つのタイプのレンズがあります

フェイキック手術で使用するレンズは、レンズを固定する位置によって2つのタイプに分けられます。角膜と虹彩の間に挿入するタイプを「前房型レンズ」といい、虹彩と水晶体の間に挿入するタイプを「後房型レンズ」 といいます。冨田実アイクリニック銀座では、詳細な検査を行い、眼の状態に適したレンズを選択して、治療を行います。

フェイキックIOL(後房型レンズ)

後房型フェイキックレンズは、水晶体と虹彩の間(後房)にレンズを固定して、近視・遠視・乱視を治療します。現在ではおよそ70ヵ国で使用されています。強度近視、強度乱視にも対応する幅広いレンズバリエーションがあり、新たに開発されたホールタイプのレンズは、光学部中心に極小の貫通孔を設けた新しいモデルで、手術前にレーザーによる虹彩切開の処置をしなくても房水循環の維持が可能になりました。また、レンズを虹彩の後側に挿入するため、外から見ても挿入したレンズは目立ちにくく、現在は後房型レンズが主流となっています。

  • スタンダード眼内コンタクトレンズ
    • 遠視
    • 近視
    • 乱視

    このレンズは、近視・遠視・乱視だけではなく、老眼にも対応した新しいレンズです。なお、このレンズを使用したフェイキック手術では、房水の循環経路を確保するために、レーザーによる虹彩切開の処置が必要です。

  • ホールスタンダード眼内コンタクトレンズ
    • 遠視
    • 近視
    • 乱視

    スタンダード眼内コンタクトレンズにホールタイプが新たに登場しました。スタンダード眼内コンタクトレンズは、近視や乱視だけではなく、老眼にも対応できる新しいタイプの後房型レンズです。このスタンダード眼内コンタクトレンズにホールタイプのレンズが登場したことで、手術後の房水の循環経路が確保でき、レーザーによる虹彩切開の処置が不要になりました。

  • ホール ICL レンズ(EVO+ICLレンズ)
    • 遠視
    • 近視
    • 乱視

    このレンズの最大の特徴は、眼内の房水の循環を確保するために、レンズの中心に0.36mmの穴が開けられたことです。これによって、レーザーによる虹彩切開をしなくても房水循環の維持が可能になりました。

フェイキックIOL(前房型レンズ)

当院で使用している前房型フェイキックIOLレンズには、オフテック社製(オランダ)のアルチザンレンズとアルチフレックスレンズの2つの種類があります。手術は、角膜と虹彩の間(前房)にレンズを固定して、近視・ 遠視・乱視を治療します。それぞれのレンズで、適応範囲が異なるため、目の状態に合わせてレンズを選択します。

  • アルチザンレンズ
    • 遠視
    • 近視
    • 乱視

    レンズを挿入する際、折り曲げて挿入することができないため、切開創の幅が広くなりますが、強度近視の方に適しているレンズです。さらに、乱視の強い方に対応した乱視用のレンズもあります。

  • アルチフレックスレンズ
    • 近視
    • 乱視

    アルチフレックスレンズは、レンズの光学部分がシリコン製で柔らかいため、レンズをと折り曲げて挿入することができます。そのため、切開創の幅が約3mmと小さく、術後の視力回復が早いことが特徴です。前房型レンズでは、現在主流のレンズとなっており、両眼同日に手術をすることも可能です。近視と同時に乱視も治療出来ますが、超強度近視や遠視には対応していません。

40歳からの視力回復手術LASIK

40歳以上の方には
老眼を考慮した視力回復手術という選択肢があります

老眼も治療できる時代です

老眼は、ピント調節機能が低下することが原因で起こる眼の老化現象の1つで、一般的には40歳を過ぎた頃から自覚するようになると言われています。近視の人は、近くが見えやすいため、老眼を自覚するのが遅くなる傾向にあり、これを「近視の利点」と言います。しかし、老眼を自覚していなくても、実際にはピント調節機能は低下しており、近視の利点によって症状を自覚していないだけなのです。そのため、視力回復手術によって近視を治療すると、自覚していなかった老眼の症状が現れ、逆に見えづらさを感じる場合があります。冨田実アイクリニック銀座では、近視・遠視・乱視を治療すると同時に老眼を治療できる視力回復手術を導入しています。手術前の検査では、老眼の検査も行っていますので、40歳以上の方でも視力回復を諦めることはありません。

老眼を自覚するようになる
40歳以上の方に適した遠近両用レーシック

8次元アマリス 1050RS は、近視・遠視・乱視だけではなく、老眼の治療にも対応した照射プログラム「プレスビーマックス・ハイブリッド」を搭載しています。近視の人は、近くが見えやすいという特徴がありますので、老眼の症状を自覚するのが遅くなる傾向があります。しかし、目の老化現象である老眼は、自覚が無くても進行していますので、レーシックによって視力を回復することによって、逆に老眼を自覚するようになります。そのため、40歳以上の方には、老眼を考慮しながら視力回復ができる遠近両用レーシックという選択肢があります。

遠近両用レーシック「プレスビーマックス・ハイブリッド」の特徴
  1. 角膜を削る量が抑えられるため適応範囲が広い
  2. モノビジョンとは異なる老眼用レーシックです
  3. 中間距離の見え方を重視
  4. 近視・遠視・乱視と同時に老眼の治療が可能です
  5. 老眼を自覚している方でも治療が可能です
遠近両用レーシック
「プレスビーマックス・ハイブリッド」の仕組
角膜をマルチフォーカリティに矯正する老眼用の照射プログラム

従来の照射プログラムから更にバージョンアップされた遠近両用レーザー照射プログラムは、距離によって見る部分を区分けします。複数の映像が同時に入り、それぞれの映像を網膜で焦点が合うように矯正することで、近方・中間距離・遠方に焦点を合わせます。角膜に遠近両用レンズを作ってしまうイメージです。

角膜を削らない老眼治療
遠近両用フェイキック

フェイキック手術は、角膜を削らない手術です。角膜を削らないことで、手術後の高次収差(不正乱視)の増加がないのが特徴です。フェイキック手術は、レンズを取り除けば元の状態に戻せる可逆性の手術です。この治療は、両眼に行いますので、左右の見え方に差が生じることがない(両眼ともに遠近が見える構造)ため、眼精疲労などの症状も軽減できます。

  • スタンダード遠近両用フェイキックレンズ
    (老眼用眼内コンタクトレンズ)

    老眼は、40歳を過ぎると自覚してくると言われている眼の老化現象です。角膜を削らずに老眼が治療できる遠近両用フェイキックレンズの登場で、老眼治療に新たな選択肢が加わりました。また、単焦点レンズで白内障の手術受けられた方にも適応します

  • ホール・スタンダード遠近両用フェイキックレンズ
    (ホールタイプ老眼用眼内コンタクトレンズ)

    従来の遠近両用眼内コンタクトレンズは、手術後の房水の循環を確保するために、レーザーによる虹彩切開の処置が必要でしたが、ホールタイプの遠近両用レンズが新たに登場したことで、虹彩切開をしなくても房水の循環を確保できるようになりました。

適応検査・手術・術後健診までの流れFLOW

  1. ご予約

    お電話 ・ インターネットからお申込みいただけます。

    ・ご予約を承る際に検査までの注意事項などを詳しくお伝えします。
    ・ご予約前に無料のメール相談も受け付けています。

  2. 適応検査
    当日

    詳しい目の検査を行います。

    ・10種類以上の検査機器を使用して手術に必要な目のデータを正確に測定します。
    ・国家資格である視能訓練士が検査を担当します。

    検査データを基に目の状態を診察します。

    ・詳細な検査データを基に、 冨田院長が手術の適応を判断します。
    ・使用するレーザー機器や手術の流れについてのカウンセリングを行います。

  3. 手術当日

    手術前に再検査を行い適応検査のデータと照合します。

    ・手術当日にも再度検査を行い、適応検査のデータと誤差が無いかをチェックします。
    ・手術前に診察を行って、 目の状態を最終確認します。

    再検査で問題が無ければ手術室へご案内します。

    ・手術は冨田院長が担当します。手術は数分で終了します。
    ・手術後は20分程度お休みいただき、その後の診察で問題がなければご帰宅いただけます。

  4. 術後の
    定期検診

    手術後は定期的な検診を行います。

    ・手術後の検診は、 手術と同じくらい大切ですので、 必ず受診してください。
    ・手術翌日、1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後を目安に受診していただきます。
    ※手術後の経過には個人差がありますので、上記以外にも通院が必要な場合があります。

1998年 愛知医科大学 医学部卒業
1998年 関西医科大学病院 眼科研修医
2003年 関西医科大学大学院卒業 医学博士取得,
日本眼科学会専門医取得
2003年 米国ハーバード大学眼科 フェロー(2年間)
2005年 眼科クリニック入職
2007年 同クリニック 副院長就任
2008年 同クリニック エグゼクティブメディカルディレクター
最高診療責任者)に就任
2011年 アメリカ眼科学会でレーシック、老眼治療に関する
インストラクター
2011年 温州大学医学部眼科 臨床客員教授就任
2012年 アメリカ眼科学会、国際屈折矯正学会役員理事就任
2014年 冨田実アイクリニック銀座 開設(院長)
2015年 温州大学医学部眼科 臨床客員教授就任
2016年 河北省医科大学 眼科客員教授に就任